次の記事:86人感染 ステージ3「感染拡大状態」に

新型コロナ 茨城県内新規45人感染 4月1403人、過去2番目の多さ

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は30日、茨城県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計45人確認されたと発表した。茨城県内の累計感染者は8143人。4月の感染者数の合計は1403人となり、月別では第3波が急拡大した1月(2372人)に次いで2番目に多かった。

茨城県によると、龍ケ崎市内の社員寮では30代男性の感染が判明。寮内の陽性者は計5人となり、クラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。

茨城町では町内の幼稚園に勤務する30代女性が陽性と分かった。水戸市発表のうち1人も、同29日に市が発表した市立幼稚園勤務の会計年度任用(非常勤)職員の60代女性。

30日までに確認された陽性者のうち4人が変異株と判明。県内の変異株確認は累計241人となった。

ほかに新型コロナ感染者のうち新たに67人が回復。県内の退院・退所などは計7324人となった。

また、牛久市は30日、市民部総合窓口課に勤務する会計年度任用職員の40代女性の感染を発表した。

■茨城県内の感染状況
新規 45人
累計 8143人
うち死者 133人
退院・退所等7324人
(県発表、30日午後10時現在)

最近の記事

全国・世界のニュース