2021年5月4日(火)

新型コロナ 茨城県内、新たに46人感染 24人が変異株と判明

茨城県と水戸市は3日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに46人確認されたと発表した。茨城県内の累計感染者は8317人。また、同日までに確認された陽性者のうち、新たに24人が変異株と判明し、累計は277人となった。

県によると、この日に判明した変異株のうち、複数人はクラスター(感染者集団)が発生した常総市内の事業所の従業員。同事業所で判明している新型コロナ感染者20人のうち、これまで変異株は13人確認されているという。県感染症対策課は「(事業所内で)変異株の広がりが確認された」として公表した。

また、2日までの1週間で確認された県内感染者(計384人)のうち、変異株スクリーニング検査を実施した割合は62.5%。同課によると、同検査の割合が6割を超えたのは初めて。

新型コロナ感染者のうち新たに62人が回復。県内の退院・退所などは計7508人となった。

■県内の感染状況
新規 46人
累計 8317人
うち死者 135人
退院・退所等7508人
(茨城県発表、3日午後10時現在)



次の記事:茨城で70人感染 2日連続の70人台

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス