2021年5月4日(火)

学びのカタチ 発達性読み書き障害の今 第1部(5)
識者に聞く

元筑波大教授 宇野彰氏 「自信回復」応援して

【AD】

学習障害の一つ、発達性読み書き障害(発達性ディスレクシア)は、出現頻度が高い割に見過ごされやすく、認識が広がっていない。専門機関が少なく、支援できる人材も限られる中、どう対応すべきか。研究する筑波大の元教授、宇野彰氏(67)に聞いた。


  • 記事全文1220文字(あと990文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版
  • 茨城新聞電子版

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス