2021年5月9日(日)

取手で集団接種開始 予約の高齢者220人

取手市でコロナワクチンの集団接種が始まり、接種を受ける高齢者=同市新町の取手ウェルネスプラザ
取手市でコロナワクチンの集団接種が始まり、接種を受ける高齢者=同市新町の取手ウェルネスプラザ

一般高齢者を対象とした茨城県取手市の新型コロナウイルスワクチン集団接種が8日、同市新町の取手ウェルネスプラザで始まった。予約済みの高齢者220人が同日、1回目の接種を終えた。2回目は29日に行う。

同市では接種予約を年齢別で受け付け、今回は70歳以上が対象となった。集団接種は13日に同市藤代の藤代公民館、28日には同市寺田の福祉交流センターでも実施する。10日からは、市内医療機関での個別接種も始まる。

市によると、8日の集団接種で、副反応などによる体調不良やトラブルはなかった。同市小文間の女性(80)は「早く接種したいと思っていたのでひと安心。痛みもなく気分も悪くない。2回目の接種も不安なくできそうだ」と話していた。

同市の65歳以上の接種対象者は約3万8千人。8日現在で約1万581人が予約を済ませた。今月中に集団接種で約3千人が接種を終える予定。高齢者施設を対象とした接種も先月19日から先行して始まっており、入所者と職員への接種を一般高齢者と並行して進めている。



次の記事:茨城で15人感染 90代女性死亡

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 6 月 17 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス