次の記事:86人感染 ステージ3「感染拡大状態」に

【速報】新型コロナ 茨城県が「感染拡大」3市町追加へ 4市町延長、8市町解除

会見する大井川和彦知事=水戸市笠原町
会見する大井川和彦知事=水戸市笠原町

茨城県の大井川和彦知事は10日午後、臨時会見し、人口1万人当たりの新型コロナウイルス感染症患者が直近の1週間で1.5人を超えた市町村を対象に独自に指定している「感染拡大市町村」に、常陸太田市、取手市、境町の3市町を追加し、不要不急の外出の自粛や飲食店の営業時間短縮を要請すると発表した。期間は13日から26日までの2週間。さらに4月22日に指定した水戸市、古河市、大洗町と、26日に指定した茨城町の計4市町の指定期間を延長して5月19日までとし、土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、五霞町の8市町の指定を13日で解除すると明らかにした。これにより13日以降の指定は計12市町となる。

大井川知事は「陽性者数に改善がみられるが、入院患者数などは若干悪化している」と指摘し、県民への協力を呼び掛けた。

●茨城県指定の感染拡大市町村
【追加】3市町
常陸太田市、取手市、境町(13〜26日)

【延長】4市町
水戸市、古河市、茨城町、大洗町(〜19日)

【継続】5市町
結城市、龍ケ崎市、つくば市、八千代町、利根町(6〜19日)

【解除】8市町
土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、五霞町(12日)

【要請内容】
■不要不急の外出自粛
■営業時間短縮(全ての飲食店、午後8時から午前5時までの営業自粛、酒類提供は午後7時まで)
■会食を開催する場合、同居家族以外はいつも近くにいる4人まで
■出勤者数の削減(テレワークの積極的活用・時差出勤の活用)
■イベント等の開催制限(上限5000人かつ収容率50%以下)

最近の記事

全国・世界のニュース