揺らぐ雇用 コロナ禍の危機 5
経営者

【AD】
昨年5月、新型コロナウイルス感染拡大に伴う最初の緊急事態宣言が発令された前月の収支を確認した小野写真館(茨城県ひたちなか市)の小野哲人社長(46)はがくぜんとした。

「会社がつぶれる」。売り上げが前年に比べ8割減と大赤字に陥った。

この記事は有料です

記事全文1067文字(あと837文字)

今すぐ読む

1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)。

Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。

紙で読む

この記事は「茨城新聞 2021年5月16日(日)付 総合(1面)」です。

月額3,300円(1日当たり110円)でご購読いただけます。一部130円で県内のコンビニでもお買い求め頂けます。

郵送をご希望の方は販売局までお電話ください。
販売局:029-239-3030

購読を申し込む
有料版で読む

月額3,500円で電子版・紙面をお読みいただけます。

電子版

月額330円でニュースプラットフォーム「NEWSmart」にて、茨城新聞の記事をお読みいただけます。3大キャリアをご契約中のお客様であれば簡単に購読が可能です。

NEWSmart

お振り込みをご希望の場合は、1,980円/6ヶ月で承っております。

振込課金版
データベース

月額11,000円で茨城新聞の全ての記事をご覧いただけます(過去記事はPDFでの閲覧)。

詳細はこちら
ニュース一覧へ

全国・世界のニュース