次の記事:茨城県内最多290人感染 全域拡大、水戸も更新

南部杜氏鑑評会 「霧筑波」吟醸酒1位 つくば浦里酒造「2連覇目指したい」

南部杜氏自醸清酒鑑評会で首席となった浦里酒造店の浦里知可良さん=つくば市吉沼
南部杜氏自醸清酒鑑評会で首席となった浦里酒造店の浦里知可良さん=つくば市吉沼

浦里酒造店(茨城県つくば市吉沼)の日本酒「霧筑波」が、全国最大規模の杜氏(とうじ)組織「南部杜氏協会」(岩手県)が主催する「南部杜氏自醸清酒鑑評会」で、吟醸酒の部の首席に輝いた。製造責任者で6代目蔵元の浦里知可良さん(29)は「先輩のご指導のおかげ。結果で恩返しができた」と喜び、夢の2連覇を目指す。同協会によると、吟醸酒の部で茨城県内の杜氏が1位になるのは、記録が残る1975年以降で初めて。

同鑑評会は南部杜氏の酒造技術向上を目的として1911年に始まり、今年102回目。今回は2020酒造年度(20年7月〜21年6月)の出来栄えを競った。

4月6〜9日に岩手県花巻市で審査があり、全国の蔵元137場から吟醸酒の部に256点(114場)、純米酒の部に244点(108場)が出品された。1次審査で選ばれた優等賞のうち、2次、3次審査で上位入賞を決めた。

浦里酒造店は1877年創業。酒造りに使う筑波山水系の井戸水や、つくば市吉沼の気候などが相まって「すっきりとした酒ができる傾向にある」(浦里さん)。鑑評会では蔵の特徴を生かしつつ、味わいを一層引き出すことに注力した。

「香りが華やかでふくよかな味わい。だけど、切れの良い酒を目指した」と浦里さん。酒米は兵庫県産の「山田錦」、酵母は青リンゴ系の香りを生成する「M310」を使った。酒米は昨年夏の猛暑の影響で固さがあり、酒の原料となる麹(こうじ)造りでは「(酒米を)溶けやすくコントロールするため、例年以上に気を使った」

浦里さんは東京農業大醸造科学科を卒業後、山形県や栃木県の酒蔵で修行を積み、酒類総合研究所(広島県)で酵母菌の研究に取り組んだ。18年秋、浦里酒造店に戻り、翌19年に製造責任者に就いた。

昨年の鑑評会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で1次審査のみとなり、浦里酒造店の霧筑波は優等賞だった。今年は上位入賞が決まるとあって、気合も十分だった。

浦里さんは「鑑評会はF1レースのようなもの。蔵の持っている技術と労力を惜しみなく投入する」と説明。鑑評会で培った経験を市販酒に反映しながら、「夢の2連覇を目指して頑張りたい」と力を込めた。

最近の記事

全国・世界のニュース