2021年6月10日(木)

《天皇杯》2回戦 J2水戸、群馬に完敗

水戸-群馬、前半、突破を阻まれる水戸・山根(右)=ケーズデンキスタジアム、高松美鈴撮影
水戸-群馬、前半、突破を阻まれる水戸・山根(右)=ケーズデンキスタジアム、高松美鈴撮影

サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は9日、ケーズデンキスタジアム水戸などで2回戦26試合があり、水戸(J2)は群馬(J2)に0─3で敗れ、3回戦進出はならなかった。

J2水戸は前半39分、44分に立て続けに失点。後半26分にも3失点目を喫した。選手を入れ替えながら攻撃に転じた水戸だったが、1点すら奪えずに試合を終えた。

FC東京は順大(千葉)に延長で1-2で敗れ、横浜MはホンダFC(静岡)に2-2からのPK戦で屈した。前回覇者の川崎はJ3の長野(長野)に苦戦し、1-1からのPK戦を制して勝ち上がった。名古屋、C大阪、柏、札幌などは順当に3回戦に進んだ。

2回戦残り6試合は16日に行われ、鹿島はYS横浜(J3)と対戦する。

▽2回戦
群馬(J2) 3-0 水戸(J2)
2-0
1-0  



次の記事:茨城で15人感染 90代女性死亡

全国・世界のニュース

2021 年
 6 月 17 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス