2021年6月11日(金)

田んぼ「抑草」ロボット公開 坂東 井関農機と有機米デザイン

公開された「自動抑草ロボット」=10日午後、坂東市庄右衛門新田
公開された「自動抑草ロボット」=10日午後、坂東市庄右衛門新田

農機大手の井関農機は10日、業務提携する農業用ロボット開発の有機米デザイン(東京)が研究開発し、田んぼの雑草を抑制する「自動抑草ロボット」を茨城県坂東市庄右衛門新田の農業生産法人「アグリ山崎」の水田で公開した。ロボットはスクリューで水中の泥を巻き上げて水面下の日光を遮り、雑草が育つのを妨げる仕組み。今後数年での販売を目指す。

ロボットは縦横約1メートルの箱形で、通称「アイガモロボ」。衛星利用測位システム(GPS)を備え、スマートフォンで移動範囲を設定すると水田を自動で航行。太陽光パネルの電源で動くことができる。除草剤を使わずに雑草が生えにくい状態をつくり、有機農業を手掛ける農家の負担を軽減する。

今回の業務提携で井関農機はロボットの早期販売に向けた市場調査や開発技術サポート、利用者の指導などに取り組む。同社の縄田幸夫取締役は「有機農業の拡大に寄与できるように有機米デザインと取り組んでまいりたい」と強調。有機米デザインの山中大介代表は「現時点の実験の結果も非常にしっかりと効果が出ている」と手応えを口にした。



次の記事:33人感染 坂東マッサージ店クラスターか

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 6 月 21 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス