次の記事:茨城44人感染 古河の事業所クラスター拡大

新型コロナ 流通経大で76人集団感染 ラグビー部寮生ら 茨城、新規84人

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は12日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計84人確認されたと発表した。県によると、このうち73人は龍ケ崎市の流通経済大ラグビー部で寮生活などをしている部員とスタッフで、同部関連の感染者は計76人となった。県は、部活内でクラスター(感染者集団)が発生したとみている。県内の累計感染者は1万111人。

県と同大によると、同部は活動停止し、全部員が外出を自粛している。同大龍ケ崎キャンパスは26日まで入構禁止とし、全てオンライン授業にする。県は、大学内の他の学生などに濃厚接触者がいないか調べる。

8日に部員3人が発熱や頭痛を訴え、9日に検査し陽性が判明。部員131人とスタッフ10人の計141人にPCR検査を実施し、新たに部員65人、スタッフ8人の陽性が分かった。このうち部員3人は変異株だった。陽性判明した部員は10〜20代、スタッフは20〜50代で全て男性。重症者はいない。県は感染経路を「確認中」としている。

同部は9日朝まで練習などをしていた。対外試合も5月末までしていた。

寮は市内3カ所にあり、6、7人部屋で、食事や風呂は共同。同大では2月にも、陸上競技部の寮でクラスターが発生している。

今回のクラスターは、県内で発生したものとしては、美浦村の高齢者福祉施設の104人、神栖市の高齢者福祉施設の97人に次ぐ規模となる。

県内では、これまでに確認された陽性者のうち新たに6人が変異株と判明。県内の変異株確認は累計935人となった。

新型コロナ感染者のうち、新たに32人が回復。県内の退院・退所などは計9470人となった。

■県内の感染状況
新規 84人
累計 10111人
うち死者 157人
退院・退所等 9470人
(県発表、12日午後10時現在)

最近の記事

全国・世界のニュース