次の記事:86人感染 ステージ3「感染拡大状態」に

取手殺人遺棄 現場近くに不審車 勤務先の店舗火災

殺害された北田和彦さんが勤務していたマージャン店(ビル2階)。9日午前4時半ごろに火災があった=14日午後、千葉県我孫子市天王台
殺害された北田和彦さんが勤務していたマージャン店(ビル2階)。9日午前4時半ごろに火災があった=14日午後、千葉県我孫子市天王台

茨城県取手市稲の共同墓地近くの路上で千葉県我孫子市天王台2丁目、北田和彦さん(59)の遺体が布団にくるまれて見つかった殺人・死体遺棄事件で、遺体が発見される約2時間半前、不審な車が遺棄現場から数百メートルの位置にある防犯カメラに映っていたことが14日、関係者への取材で分かった。県警は北田さんの遺体が車で運ばれ遺棄されたとみており、映像データを入手して解析を進め、事件との関連を調べている。

映像を確認した住民男性(46)によると、9日午前3時ごろ、灰色系統の乗用車、白っぽいワゴン車、白っぽい軽乗用車の計3台を防犯カメラが捉えていた。このうち、乗用車とワゴン車は墓地方面に向かっていた。遺体はこの約2時間半後の午前5時半ごろ、現場近くをジョギングしていた男性が発見した。

墓地付近は市道「常総ふれあい道路」の裏道で通行量が多いものの、映像を確認した男性は「深夜は市道を通ればいいので、通る車はわずかしかない」と話した。男性は消防団員で、8日午後8時半〜10時ごろ、現場近くで水門の点検をしていた。「夜だったとはいえ、遺体があれば分かったはず」と語った。

県警は13日、北田さんの職業をマージャン店従業員と明らかにした。

北田さんの勤務先とみられる我孫子市天王台1丁目のマージャン店が入るビルでは、遺体発見約1時間前の9日午前4時36分ごろ、同店のあるビル2階が焼けていたことも判明。県警は火災と事件の関連を捜査している。近くに住む80代男性は「爆発するような音がして飛び起きた」と出火当時を振り返った。店は1年ほど前にオープンしたという。

北田さんの自宅アパートの現場検証は13日に終了。部屋に荒らされた形跡はなく、鍵は見つかっていない。通帳やキャッシュカード、布団、靴、携帯電話など165点を押収した。

最近の記事

全国・世界のニュース