次の記事:197人感染 7日連続150人超 事業所や土浦署でクラスターか

新型コロナ 茨城で15人感染 90代女性死亡

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は15日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計15人確認されたと発表した。県内の累計感染者は1万162人。県内医療機関に入院していた90代女性が14日に死亡し、県内死者の累計は158人となった。

県によると、下妻市内の事業所で従業員1人の陽性が判明し、事業所内の感染者は計13人に拡大した。

ほかに、新型コロナ感染者のうち、新たに31人が回復。県内の退院・退所などは計9558人となった。

県は、新型コロナの変異株検査について、これまで英国株など「N501Y」の変異を持つ変異株を対象にしていたが、14日にインド株など「L452R」の変異を持つ変異株を対象とした検査体制に移行した。これに伴い、15日以降に変異株感染者として公表されるのは、L452Rの変異株となる。同日は変異株の確認はなかった。

■県内の感染状況
新規 15人
累計 10162人
うち死者 158人
退院・退所等 9558人
(県発表、15日午後10時現在)

最近の記事

全国・世界のニュース