次の記事:茨城44人感染 古河の事業所クラスター拡大

こんにゃくで洗顔スポンジ 商品開発会社 ふわふわの新感覚

凍みこんにゃくの製法を応用した洗顔用スポンジ「つるりん ころりん」
凍みこんにゃくの製法を応用した洗顔用スポンジ「つるりん ころりん」

こんにゃく製造販売の袋田食品(茨城県大子町袋田、高村博美社長)の関連会社で、オリジナル商品の開発や企画デザインを手掛けるTEE-FACTORY(ティーファクトリー、高村和成社長)は天然コンニャク粉から作った、おにぎり形の洗顔用スポンジ「つるりん ころりん」を発売した。

凍(し)みこんにゃくの製造法を応用し、独自の製法で開発した。皮脂や汗など酸性の肌汚れを、こんにゃくが持つアルカリ性で中和させるため、洗顔料やせっけんを使わなくてもよい。洗顔料をもんで泡立てても、ふわふわの新感覚で洗顔できる。膝やかかと、肘など全身にもお勧めという。

使い方はスポンジをお湯に入れて、もむように水分を含ませる。洗うときは優しくなでるようにする。使用後はよく洗い、軽く水分を絞り、高温多湿の場所を避けて容器に入れて保存するか、水を張った容器に漬けて保管する。

高村康太袋田食品専務は「100%地元産の天然で、きめ細かく、もっちりと弾力性があり、大人から赤ちゃんの肌までに優しくお勧めできる」と話す。

今回採用したおにぎりの形は、日本人が愛してやまない身近な存在からヒントを得た。「三角形で持ちやすく、角の部分が肌の細部までフィットする。子どもにも親しまれるアイテム」と高村専務。価格は1個990円。

大子町袋田の袋田食品直営店「こんにゃく関所」店舗のほか、専用の公式オンラインショップでも販売。購入者に生とろこんにゃくを今月29日までプレゼントしている。袋田食品(電)0295(72)5311

最近の記事

全国・世界のニュース