次の記事:96人感染、死者1人 公表済みの6人は劇団員

茨城・日立妻子6人殺害、小松被告に死刑判決 水戸地裁裁判員で初 「残虐で悪質」完全責任能力認める

小松博文被告=中央奥、2017年10月撮影

日立市田尻町の県営アパートで2017年10月、妻子6人を殺害し建物に火を付けたとして、殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われた無職、小松博文被告(36)の裁判員裁判判決公判が30日、水戸地裁で開かれ、結城剛行裁判長は「強い殺意に基づく残虐かつ悪質な犯行」として、求刑通り死刑判決を言い渡した。裁判員裁判が導入されて以降、同地裁で初の死刑判決となった。

結城裁判長は、主文に先立ち判決理由を朗読。犯行2日前に凶器を購入した行為などから計画的犯行の側面があるとした。6人の生命が奪われたという重大な結果や、身体枢要部を狙って致命傷を負わせた悪質な犯行態様を踏まえた上で、「死刑を回避すべき事情はない」と断じた。

弁護側は、被告が勾留中の18年11月に心肺停止状態となり、後遺症で事件当時の記憶が欠落していて「訴訟能力がない」とし、公訴棄却を求めていた。これに対して結城裁判長は、被告の記憶喪失を認めた上で、「弁護人の援助や裁判所の後見的支援があれば、意思疎通は十分可能」と判断した。

弁護側が「事件当時も心神喪失または心神耗弱状態だった」と主張し、争点となっていた責任能力の有無に関しては、「うつ病や極度の緊張による意識状態は考え難く、当時、精神障害があったとは言えない」として、完全責任能力を認め、弁護側の主張を全面的に退けた。

妻から離婚を切り出され、妻と懇意の男性に家族を取られたくなかったという動機については、「身勝手かつ自己中心的」として酌量しなかった。

今回の裁判は、2009年5月に裁判員制度が導入されてから同地裁で初の死刑判決となった。これ以前の死刑判決は、08年3月に土浦市で起きた荒川沖連続殺傷事件の金川真大元死刑囚=事件当時(24)=に2009年12月、下されて以来となる。

判決などによると、小松被告は17年10月6日午前4時40分ごろ、自宅和室で、妻の恵さんのほか、当時11〜3歳の子ども5人を包丁で刺した後、玄関付近にガソリンをまいて放火し、殺害した。

判決後、小沼典彦弁護士は「被告と相談した上で控訴するかどうか判断したい」と話した。



【小松博文被告を巡る経過】
▽2017年10月6日
日立市田尻町のアパートの1室で火災発生。焼け跡から妻子5人の遺体が見つかり、長女も病院に搬送されたがまもなく死亡

「自宅に火を付けてきた」と小松被告が日立署に出頭。妻子6人への殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕

▽11月8日
水戸地検が小松被告を鑑定留置

▽2018年2月23日
水戸地検が殺人と非現住建造物等放火の罪で小松被告を水戸地裁に起訴

▽2020年6月2日
詐欺罪などを問う区分審理の初公判。被告は勾留中の疾患で事件当時の記憶が欠落しているとして弁護側が公訴棄却を求める

▽2021年3月25日
区分審理の判決公判で水戸地裁が有罪判決。「弁護人の援助や裁判所の後見的支援があれば、意思疎通は十分可能」などと弁護側主張を退ける

▽5月31日
殺人と非現住建造物等放火などの罪を問う裁判員裁判初公判。弁護側は心神喪失で無罪に当たるとして、責任能力を争う姿勢を示す

▽6月17日
論告求刑公判。検察側が死刑求刑

▽6月30日
判決公判。求刑通り死刑判決

最近の記事

全国・世界のニュース