人気の豚骨ラーメン店「一蘭」 茨城初、水戸に今秋出店へ

人気の豚骨ラーメン
人気の豚骨ラーメン
間仕切りを置く1人客の専用スペースのカウンター
間仕切りを置く1人客の専用スペースのカウンター
国内外で人気の豚骨ラーメン店を展開する一蘭(福岡市)は5日、今秋に水戸市内へ「一蘭水戸店」をオープンすると発表した。茨城県内への出店は初めて。間仕切りを置く1人客の専用スペースを設けた独特の店舗構造が特徴で、ラーメン愛好者からは「周囲の視線を気にせずにラーメンを味わえる」と人気を集める。

一蘭水戸店は同市元吉田町の国道50号バイパス沿いで、既存店舗に居抜き出店する。座席数は39席。営業時間は午前10時〜翌午前6時を予定している。出店時期については「10月下旬から11月上旬ごろを見込んでいる」(一蘭広報)という。

同社では席の左右の間仕切りに加え、席正面にすだれがある「味集中カウンター」を1990年代に導入し、各店で採用。機械で食券を買うため、店員と会話したり顔を合わせたりしなくてもラーメンが食べられる仕組みで、女性からの支持が強いとされる。新型コロナウイルス感染拡大以降は、“元祖フィジカルディスタンス”と話題となっている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース