次の記事:139人感染 他県在住の40代女性が死亡

【速報】新型コロナ 土浦市職員感染 聖火リレーで警備

土浦市役所=同市大和町
土浦市役所=同市大和町
茨城県土浦市は10日、市建設部下水道課の30代男性職員の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。職員は5日の東京五輪聖火リレーで一般車が道路に進入しないよう警備をしていた。10日の県発表には含まれていない。

市によると、男性職員は6日まで出勤。5日には午後4時10分から午後6時まで聖火リレーの交通規制時に一般車がコースに入ってこないよう警備する業務に当たっていた。窓口業務には携わっていないという。7日は休暇を取り、午後8時から市役所サッカー部の練習に参加し、帰宅後に発熱。8日から自宅待機し、同日PCR検査を受け、10日に陽性と判明した。感染経路は不明という。濃厚接触者の有無を調べている。

市はサッカー部の練習に参加していた職員らの自宅待機を指示した。下水道課内の消毒を8日に実施した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース