次の記事:139人感染 他県在住の40代女性が死亡

J1鹿島選手と英語 茨城・鹿嶋の豊郷小 動画教材でお手本

鹿島アントラーズの選手たちが登場する動画(左奥)で英語を学ぶ児童たち=鹿嶋市須賀の市立豊郷小
鹿島アントラーズの選手たちが登場する動画(左奥)で英語を学ぶ児童たち=鹿嶋市須賀の市立豊郷小
サッカーJ1鹿島アントラーズの選手が登場する動画教材を使った英語の授業が12日、茨城県鹿嶋市須賀の市立豊郷小(小橋元校長)で開かれ、2年生児童17人が選手の動作をまねしながら簡単な英語を学んだ。

教材は鹿島アントラーズFCが全面協力。動きながら言葉の意味を理解する「全身反応教授法(TPR)」を活用した。動画では、選手たちが「Hands up(手を上げる)」「Touch my nose(鼻を触る)」などと話しながら、実際にその動作を披露している。

同校では5月下旬から校内で活用を開始。公開された授業では、児童たちが選手たちの発音をお手本にして、跳びはねたり手を上げたりして授業を楽しんだ。

授業を受けた谷田川千鈴さん(8)は「大きくジャンプするのが楽しかった。今度は動物の名前を教わりたい」と笑顔。箕輪斗弥君(8)は「体を動かしながら勉強するのは楽しかった。知っている選手が出てきてうれしい」と話した。

動画は現在20本が視聴可能で、今後はジーコ氏らも登場する予定という。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース