次の記事:新型コロナ27人感染 2カ月ぶり20人台

新型コロナ 茨城・常総 使用済み注射器、施設職員に刺す

【AD】
茨城県常総市は21日、新型コロナウイルスのワクチン接種で、使用済みの注射器を誤って別の人に使用した疑いがあると発表した。現時点で健康被害はないという。

市保健推進課によると、20日午後、市内の高齢者施設で、看護師が使用済みの注射器を施設職員1人に誤って刺した。使用済みの注射器はすぐに廃棄するはずだったが、看護師はトレーに置き、接種の際も注射器のワクチン充填(じゅうてん)を確認しなかった。同施設ではこの日、6月採用の新入職員と入所者計5人に接種予定だった。未使用の注射器の数と予定者数が合わず、ミスが発覚した。

同市内では13日にも医療機関で使用済みの注射器を使うミスがあった。市は「接種マニュアルを徹底するよう医療機関などに指導した」としている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース