次の記事:47人感染 23人経路不明 80代男性死亡

新型コロナ 茨城で新たに96人、死者1人 事業所で新クラスター 公表済みの6人は劇団員

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市は27日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計96人確認されたと発表した。1日当たりの新規感染者が90人を超えるのは、132人を確認した1月23日以来約半年ぶり。県内の累計感染者は1万1707人。また、県内医療機関に入院していた80代男性が26日に死亡し、県内死者は167人となった。

稲敷市内の事業所では従業員2人の感染が判明。事業所内の感染者は他県公表分も含め計11人となり、県は新たなクラスター(感染者集団)発生の認識を示した。古河市内の事業所でも新たに従業員3人の感染が分かり、事業所内の感染者は計24人に増えた。

このほか、26日までに公表した感染者6人がつくば市内で今月、複数回にわたり公演した劇団員と判明。1回の公演につき約50人の観客がいたが、舞台と客席間のアクリル板設置など感染対策状況を踏まえ、県は「観客に濃厚接触者はいない」と説明した。

27日までに確認された感染者のうち、新たに21人がL452R変異株陽性と判明し、累計246人。新型コロナ感染者のうち新たに43人が回復。県内の退院・退所などは累計1万761人となった。

■県内の感染状況
新規 96人
累計 11707人
うち死者 167人
退院・退所等 10761人
(県発表、27日午後10時現在)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース