次の記事:139人感染 他県在住の40代女性が死亡

水戸のジャズバー ライブ返礼、クラウドファンディング目標超 老朽ピアノ買い替えへ

ピアノの購入資金をクラウドファンディングで募っているジャズバー「ガールトーク」代表の笹ノ間雄一さん=水戸市白梅
ピアノの購入資金をクラウドファンディングで募っているジャズバー「ガールトーク」代表の笹ノ間雄一さん=水戸市白梅
老朽化した店内のピアノを買い替えようと、水戸市白梅の老舗ジャズバー「ガールトーク」がクラウドファンディング(CF)で購入資金を募ったところ、目標額300万円を達成した。支援者への返礼品にライブ演奏を用意したことが奏功し、27日時点で目標額を大きく上回る435万4千円が集まっている。同店代表の笹ノ間雄一さん(59)は「人のつながりをひしひしと感じる」と感謝する。

笹ノ間さんは、CFサービスの「Makuake(マクアケ)」を通じて資金を募った。募集期間3カ月、目標額300万円とし、6月1日に開始。すると約10日で目標額に届いた。

短期間での達成は、支援者への返礼品としてライブ演奏を用意したことが大きい。店に出演してくれた古い付き合いのミュージシャンらに声を掛けたところ、皆、出演を快諾してくれたという。笹ノ間さんは目標達成について「ミュージシャンの魅力と店の歴史、両方の要因があると思う」と分析する。

同店のグランドピアノ「YAMAHA-G3」は1967年製。88年の同店オープン時から、数多くのアーティストの演奏を支えた。入れ替え後の買い手も見つかっているという。

支援者への返礼ライブは10月からスタート。新旧2台のピアノを生かしたジャズミュージシャンらの「デュオライブ」、多彩なジャンルのアーティストや茨城県を拠点に活動するアーティストによるライブを開く。

笹ノ間さんは「目玉はデュオライブ。2台のピアノが奏でる即興性から生まれる世界は、いい意味で想像できない。興味がある人は、ぜひこの機会に体験してほしい」と話す。CFは8月29日までマクアケ(https://www.makuake.com/)で受け付ける。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース