次の記事:139人感染 他県在住の40代女性が死亡

生徒会、校則見直し提案 「靴下と靴」色変更求め 学校・保護者と三者協議 茨城・つくばみらいの小絹中

校則の見直しを保護者や教職員に提案する生徒会メンバー=7月22日、つくばみらい市絹の台の市立小絹中学校
校則の見直しを保護者や教職員に提案する生徒会メンバー=7月22日、つくばみらい市絹の台の市立小絹中学校
生徒会メンバーが校則の見直しを保護者や教職員に提案した=7月22日、つくばみらい市絹の台の小絹中学校
生徒会メンバーが校則の見直しを保護者や教職員に提案した=7月22日、つくばみらい市絹の台の小絹中学校
不合理な校則を見直す動きが各地で広がる中、茨城県つくばみらい市の中学校で、生徒自らが校則見直しを提案し、変更する試みが行われている。見直しを求めているのは靴下と靴の色を白色に限定する校則。生徒らが議論し、社会の変化に合わせて生徒の手でルールを見直すことで、校則について考えるきっかけとなりそうだ。

「靴下と靴の色はなぜ、『白』でないといけないのか?」-。

つくばみらい市立小絹中学校(同市絹の台)で7月22日、生徒会メンバーが保護者と教職員の代表に校則の見直しを提案する三者協議が開かれた。

きっかけは生徒会が前年度末、全校生徒に行ったアンケートだった。生徒会長で3年生の坂本歩士さん(14)は「靴下と靴の色を見直してほしいという意見が多かった」と話す。

同校によると、この校則は創立以来のルール。文部科学省によると、校則について法的な根拠はないが、判例では各校の校長に制定の権限があるとされる。

校則見直しに向け生徒会側は学級会、生徒総会などで意見をまとめ、今回の協議にこぎ着けた。8月末までに最終案をまとめて、今年中に実現したい考えだ。

今回、生徒会が提案したのは靴下と靴の色を白色に黒、紺、グレー、茶色を加えた計5色にするというもの。5色とした理由について、生徒会側は校則で白色となっているのは「学校全体の統一性を図る」という趣旨と考えており、「落ち着いた色であれば統一性を損なうことはない」と主張した。

一方で、保護者からは「校則変更のメリットとデメリットをどう考えるか」「奇抜な色を選ぶ生徒が出た場合の対応は?」などと質問が出た。

生徒会側は「汚れが目立たないことや個性が出せるメリットがある。華美な色を着用する生徒が出た場合は先生に相談し、対応する」と回答した。

保護者、学校側も校則見直しには前向きだ。協議に参加したPTA会長の水野文浩さん(48)は「多くの保護者から白色はなかなか売ってなく、洗濯も大変という声は出ていた」といい、「生徒が自ら校則を変えようとする勇気が素晴らしい」と期待した。

栗原繁則校長も「校則を変えたことで学校がよくなったと感じられることが大切。取り組みを後押ししたい」と積極的だ。

■星野豊・筑波大准教授(法学)の話 学校教育の効果期待
今回のケースは学校、生徒、保護者それぞれの考えがいろいろある中で、結論として校則を見直すことで一致したのではないか。校則は守られなければ意味がなく、特に服装や髪形については学校外での生徒の行動や外見にも影響する。自分たちが決定や見直しに関わったという自覚を生徒に感じさせることで、学校教育としても相当の効果を持つことが期待できるのではないか。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース