次の記事:139人感染 他県在住の40代女性が死亡

新型コロナ 茨城で新規172人感染 月曜最多 筑西の事業所でクラスターか

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市は2日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計172人確認されたと発表した。100人超えは6日連続。月曜日としては過去最多で、前週から倍増した。先月28日に新規感染者として発表した茨城町の70代女性が再検査で陰性と分かり発生届を取り下げたため、累計感染者は1万2834人となった。

県によると、新規感染者のうち86人が経路不明で、6日連続で80人台となった。直近1週間平均の陽性者数は過去最多の174.7人となり、前週比2.6倍と過去最悪の増加ペースが続く。

地域別では県南が約5割を占め、居住地別で最多は守谷市の21人。神栖市14人、筑西市13人、取手市12人と続く。

筑西市内の事業所では技能実習生の20代女性6人が感染。普段の生活の場でも接触が多いといい、県は新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。

ほかに新型コロナ感染者のうち新たに90人が回復。県内の退院・退所などは計1万1128人となった。

■県内の感染状況
新規 172人
累計 12834人
うち死者 169人
退院・退所等 11128人
(県発表、2日午後10時現在)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース