【速報】新型コロナ、高校野球部と吹奏楽部で部活クラスターか 茨城・阿見とつくば

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市が6日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計283人のうち、1人は阿見町内の高校野球部員で、5日までに感染が公表された部員4人を加えると感染者は計5人となり、県は部内でクラスタ―が発生した可能性があるとしている。

つくば市内の学校吹奏楽部でも部員6人の感染が明らかになり、県はクラスター発生の可能性があるとみている。

つくば市内の事業所では、従業員5人と利用客6人の計11人の感染が判明し、県は事業所内でのクラスター発生とした。

従業員6人の感染が分かった阿見町内の事業所では、新たに従業員2人の感染が分かり、事業所内の感染者は従業員計8人となった。

また、つくば市は6日、本庁舎1階で勤務する職員計6人の感染が同日までに確認されたと発表した。市は「クラスターの可能性が高い」と判断し、関係する職員66人を対象に独自のPCR検査を実施。一部の窓口業務を停止する。

水戸市は6日、同日発表分とは別に、下水道管理課の50代男性職員と水戸芸術館の50代男性職員が感染したと発表。龍ケ崎市も同日、市民窓口課の30代女性職員の感染を発表した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース