レストラン連翠 薬膳で免疫力アップ

「レストラン連翠」のスタッフ=つくば市小野崎
「レストラン連翠」のスタッフ=つくば市小野崎
「ホテルグランド東雲」の中にある中国料理専門店。優美な日本庭園を眺めながら本格的な中国料理を楽しめる。新型コロナウイルスの影響で1年近く休業していたが、7月に昼の営業を再開。免疫力を高める薬膳料理を目玉に再スタートを切った。

筑波研究学園都市建設が進む1978年、茨城県つくば市に同ホテルが新設され、レストランも合わせて開業した。和食や洋食も提供してきたが、再開に合わせメニューを一新し中国料理のみとした。

新たな看板メニューとなった薬膳料理はスープとアサリやハトムギなどを使った茶わん蒸し。10種類前後の食材と生薬を煮込んだり蒸したりして作ったスープは食欲をそそる香りで、食べると口いっぱいに素材の優しい味わいが広がる。食べ進めるほどに体の芯からじんわりと温まる。

薬膳スープと茶わん蒸しにメイン料理などが付いた平日限定の週替わりランチ(1980円)をはじめ、土日祝日限定でフカヒレやエビ料理の付いたランチ(3850円)を提供している。

スープは月ごとに変わり、8月は夏バテ解消をテーマに体の熱を冷ますトウガンなどを中心として作った。嶋村章二料理長は「新型コロナの時代、薬膳スープを食べて免疫力を高め、健康を保つ助けにしてもらえたら」と話した。

つくばエクスプレスつくば駅から徒歩8分。営業時間は午前11時〜午後3時、定休日なし。(電)029(856)2211

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース