新型コロナ 茨城で新規感染223人 重症24人 龍ケ崎の高齢者施設でクラスターか

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市は10日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計223人確認されたと発表した。火曜日としては最多で、200人超えは5日連続。県内の累計感染者は1万4784人。同日現在の県内の入院患者は384人、うち重症者は前日より1人多い24人でともに最多を更新した。

新規感染者のうち83人が経路不明。直近7日間平均の1日当たりの新規感染者数は初めて250人を超えて250.4人となった。

龍ケ崎市内の高齢者福祉施設で利用者の80代女性2人の感染が判明。施設内の陽性者は職員1人を含む計5人に増え、県は新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。県内の高齢者施設でクラスターの報告は5月以来。

集団感染が疑われる事例ではほかに、牛久市内と八千代町内、筑西市内の事業所でそれぞれ感染者が増えた。つくば市内の大学バスケ部も計30人に拡大。

また、10日までに確認された新型コロナ感染者のうち新たに31人がL452R変異株陽性と判明し、累計は1209人。

新型コロナ感染者のうち新たに199人が回復。県内の退院・退所などは累計1万2404人となった。

■県内の感染状況
新規 223人
累計 14784人
うち死者 172人
退院・退所等 12404人
(県発表、10日午後10時現在)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース