茨城・下妻市 商品券を9月1日から販売 プレミアム率60%

下妻市役所本庁舎=同市本城町
下妻市役所本庁舎=同市本城町
新型コロナウイルス感染症の対策事業の一環で、茨城県下妻市は、しもつまエール2021「プレミアム付商品券」を発行、販売する。市民生活の支援と地元事業者の応援が目的。販売・使用期間は、9月1日〜11月30日まで。5千円で1冊8千円分(1世帯2冊)の商品券が購入でき、プレミアム率は60%。さらに約5千冊分(1世帯1冊)の追加販売も予定している。

対象者は8月1日現在、同市に住民登録がある全世帯。券種は1冊16枚つづりで、共通券(取扱店全店)が500円分10枚、専用券(大型店不可)が500円分6枚。総予算額は約2億5千万円。国の地方創生臨時交付金を活用する。

購入引換券は、約1万7千世帯に今月下旬から発送。販売場所は、市内全7郵便局(平日)とイオン下妻店1階サービスカウンター(全日)。市商工会によると、取扱店は約270店舗(19日現在)。

同券の問い合わせは、市商工観光課(電)0296(44)0732

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース