トレーラーホテル 9月1日オープン 茨城・稲敷で完成式典

テープカットを行う日崎哲仁社長(右から2人目)ら=稲敷市西代
テープカットを行う日崎哲仁社長(右から2人目)ら=稲敷市西代
賃貸マンションのフランチャイズ展開などを行うヒーローライフカンパニー(東京)は9月1日にトレーラーホテル「トレイルイン稲敷」(茨城県稲敷市西代)をオープンするのを前に20日、完成式典を開いた。同ホテルは常陸大宮市に次いで県内2カ所目。

トレイルイン稲敷はシングル全24室。風呂やトイレのほか、キッチン、電子レンジ、洗濯機を備え、長期滞在にも対応している。

フロントは基本的に無人で、事前にネットで予約した宿泊客が端末を操作してチェックインし、カードキーを受け取る。

近くに大型商業施設が立地しているほか、周囲に工業団地やゴルフ場も多いため、ビジネス客の需要を見込む。

式典で日崎哲仁社長は「災害時には地域の自治体にも利用いただくことを念頭に計画している」とあいさつし、テープカットで完成を祝った。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース