《連載:「原子の火」の将来 茨城・東海村長選を前に》(中) 広域避難計画

【AD】
東京電力福島第1原発事故後、原発から半径30キロ圏内の自治体には過酷事故に備えた広域避難計画の策定が義務付けられた。全域が日本原子力発電東海第2原発から5キロ圏にある茨城県東海村は、2016年に計画案を公表。村民は守谷と取手、つくばみらい…

最近の記事

この記事は有料です

記事全文1166文字(あと936文字)

今すぐ読む

1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)。

Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。

紙で読む

月額3,300円(1日当たり110円)でご購読いただけます。一部130円で県内のコンビニでもお買い求め頂けます。

郵送をご希望の方は販売局までお電話ください。
販売局:029-239-3030

購読を申し込む
有料版で読む

月額3,500円で電子版・紙面をお読みいただけます。

電子版

月額330円でニュースプラットフォーム「NEWSmart」にて、茨城新聞の記事をお読みいただけます。3大キャリアをご契約中のお客様であれば簡単に購読が可能です。

NEWSmart

お振り込みをご希望の場合は、1,980円/6ヶ月で承っております。

振込課金版
データベース

月額11,000円で茨城新聞の全ての記事をご覧いただけます(過去記事はPDFでの閲覧)。

詳細はこちら
ニュース一覧へ

全国・世界のニュース