茨城・取手 スポーツ吹矢、ポムサンタさん全国優勝 市長に報告

藤井信吾市長を表敬訪問したポムサンタ・シュワコンさん(右から2人目)ら=取手市役所
藤井信吾市長を表敬訪問したポムサンタ・シュワコンさん(右から2人目)ら=取手市役所
第31回全国高等専修学校体育大会の「スポーツウエルネス吹矢」個人戦で、東海学院高等専修学校(茨城県取手市寺田)の2年生、ポムサンタ・シュワコンさん(20)=タイ出身=が優勝し、3日、市役所に藤井信吾市長を表敬訪問し結果を報告した。

同大会の個人戦は3ラウンド行い、的の中心の最高点が7点など、5本の矢を吹いて合計の点数を競う。最高点は105点。今回18人が出場し、ポムサンタさんは計99点で見事1位となった。

ポムサンタさんは「1位はうれしい。集中できたのがよかった。次は全部満点を取りたい」と話した。藤井市長は「心の持ちようが素晴らしかったので1位につながった。地元の学校の頑張りは希望が持てる」とたたえた。

同校は集団生活になじめなかった生徒や留学生らが通う。昨年からは授業の一環として「スポーツウエルネス吹矢」を取り入れている。大会は8月25、26日の両日、山梨県の富士吉田市で行われ、団体戦でも同校は2位となった。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース