茨城・守谷の小中学校 オンライン授業 30日まで延長

【AD】
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、茨城県守谷市教育委員会は、市立小中学校のオンライン授業を30日まで延長すると発表した。感染状況が改善された場合は変える。同市教委によると、夏休み中に感染した児童生徒は33人(9月6日現在)で、うち26人が8月中の感染。児童生徒の感染リスクなどを考えてオンライン授業の継続を決定した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース