次の記事:31人感染 50代男性が死亡

いばらき紀行 ()
《いばらき紀行》茨城・取手市 地蔵抱く巨木

地蔵を抱く樹齢1600年の大ケヤキ=取手市下高井
地蔵を抱く樹齢1600年の大ケヤキ=取手市下高井
秋雨でぬれた巨木に、地蔵尊が鎮座する。茨城県取手市下高井の高源寺には、推定樹齢1600年の「地蔵ケヤキ」が枝葉を広げる。

幹回りは10メートルを超え、根元から空いた洞に子育て地蔵尊が祭られている。安産、子育てにご利益があるとされ、かつては洞内をくぐり安産を祈願した。

毎日手入れをする菅井一磨(すがいいつま)住職(35)は「ここで生まれ育ち、ずっとこの木を見てきた。大切にしていきたい」と話す。コケのむす大ケヤキに抱かれ、子育て地蔵尊は、穏やかな表情を浮かべた。

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース