打ち上げ分散、無観客 ちくせい花火大会 日程、改めて発表 茨城・筑西

【AD】
10月23日開催の予定で準備が進められていた第1回ちくせい花火大会について、同大会実行委(委員長・須藤茂茨城県筑西市長)は10日、観客を入れずに行うと発表した。打ち上げ場所は分散し、人が集まらぬよう非公表とする。日程も、10月13日配布の市広報誌10月15日号で改めて発表する。新型コロナウイルス感染症の拡大を考慮しての措置。商工会議所や商工会、観光協会の代表らで構成する実行委が9日決定した。

費用は市が当初補助として想定していた2千万円以内で実施する。民間から寄せられた協賛金約3700万円は、2022年の大会費用として全額繰り越す。市は、同大会に招待予定だった新成人に対しては、中止を巡る市長のおわび状と記念品を送付する。

同大会は、合併後の新市を代表する市民イベントにしようと、今春から準備を開始。打ち上げ場所は小貝川の新常盤橋上流の河川敷で、メイン会場は道の駅グランテラス筑西(同市川澄)が予定されていた。

同大会についての問い合わせは市観光振興課(電)0296(20)1160

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース