VRで昔の建物学ぶ 水戸工高のオンライン授業

水戸工業高で実施されたVRを使ったオンライン授業=水戸市元吉田町
水戸工業高で実施されたVRを使ったオンライン授業=水戸市元吉田町
■歴史館企画展へアクセス
水戸市元吉田町の県立水戸工業高は、オンライン授業にバーチャル・リアリティー(VR=仮想現実)を採用した。建築を学ぶ同校1年生が自宅から県立歴史館(同市緑町)の「バーチャル展示会」の3D画像にアクセスし、同館内を歩いて移動しているような体験をし、会場内の地図に描かれた昔の建物について学んだ。

授業は同校の木村考秀教諭(49)が担当した。オンライン授業に興味を持ってもらうことなどが狙い。

授業に使った「バーチャル展示会」は、県立歴史館の企画展「絵図・地図・アーカイブ図-描かれた茨城の都市と村-」の会場を特殊なカメラで360度撮影し、展示場の中にいるような体験ができるサービス。会場の画像を指で触れたり、なぞったりすると、場内を移動し、見渡すことなどができ、展示物に近寄ることもできる。

木村教諭は、事前に、生徒たちが「バーチャル展示会」へアクセスができるように設定。ノートパソコンの画面に向かって授業をし、場内に展示されている昭和初期の古地図「水戸鳥瞰(ちょうかん)図」を探すよう指示を出した。生徒らは各自、同サービスを操作して鳥瞰図の展示場所を見つけた。

木村教諭は、鳥の目線で斜めから立体的に描かれた古い建物を生徒に見せ、「皆さんが造った建物が何十年、何百年と続くことを考えてほしい」と話した。

授業に参加した吉成界晴さんは「昔の人が建てた建物が古地図の中に残っている。建物のすごさを感じ、そんな建物に関わりたいと感じた」。また、杵渕天音さんは「自分が造った建物が歴史に残るのは誇らしいことだと思う。未来を見据えながら、これから良い建物を造りたい」と、それぞれ感想を話した。

授業を終えた木村教諭は「学校と自宅だけでなく、教室と他の世界をつなぐことができれば、オンライン授業の価値も上がると思う」と語った。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース