茨城アマダブルスゴルフ 熊谷・山中組V

プレーオフを制し、初優勝を飾った熊谷淳・山中将次組(左から)=宍戸ヒルズCC、高松美鈴撮影
プレーオフを制し、初優勝を飾った熊谷淳・山中将次組(左から)=宍戸ヒルズCC、高松美鈴撮影
アマチュアゴルフの第34回茨城ダブルス選手権決勝(茨城新聞社主催)は16日、笠間市南小泉の宍戸ヒルズカントリークラブ東コース(6779ヤード、パー72)で行われ、5アンダー67で並んだ2組によるプレーオフの末、6ホール目でバーディーを奪った熊谷淳・山中将次(ともに水戸)組が初優勝を果たした。

大会は2年ぶりに開かれ、シードと予選を勝ち抜いた74組が出場し、2人の各ホールベストスコアを採用する18ホールズフォアボールストロークプレーのチーム戦で争った。準優勝は市村正義(鉾田)・高野直樹(行方)組。

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース