自民総裁選告示 4氏、論戦スタート 河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏 議員・党員票争奪へ

【AD】
菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選が17日告示され、河野太郎行政改革担当相(58)、岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)の4氏が立候補した。複数の女性候補の出馬は史上初。共同通信社が国会議員の支持動向を取材したところ、岸田、河野、高市3氏が接戦で、野田氏が追う展開となっている。ただ3割以上が態度未定の上、「地方票」と呼ばれる党員・党友票の争奪が激しさを増しており、情勢はなお流動的だ。29日に投開票され、新総裁が選出される。

菅首相は17日、河野氏支持を明言した。ワクチン接種を担う河野氏による継続性が重要だとした。10月4日に臨時国会が召集され、菅首相の後継が選出される。

総裁選は党所属国会議員票383票と党員・党友票383票の計766で争う。岸田派を除く6派閥は支援候補の一本化を見送り、自主投票となる方向だ。さらに告示日前日の16日に野田氏が推薦人20人を確保して総裁選に加わったため、混戦に拍車が掛かった。

共同通信の取材では、岸田氏は国会議員の2割超を固め、河野、高市両氏もそれに迫る勢い。野田氏は1割に達していない。

岸田氏は足元の岸田派(46人)をまとめたほか、細田派(96人)や麻生派(53人)、竹下派(52人)のベテランを中心に一定程度浸透している。河野氏は、岸田派以外の中堅・若手議員に支持を広げる。高市氏は、細田派の支持が多い。細田派は安倍晋三前首相の出身派閥で、安倍氏が高市氏支援を表明している影響が大きい。野田氏は現時点で支持が広がっていない。

各陣営はオンラインを含め出陣式を開催。河野氏は、国民の支援を背景に「戦いを勝ち抜きたい」と強調。岸田氏は「今の時代が求めているリーダーは私だ。自民党の信頼を回復する」と訴えた。高市氏は「派閥に関係なく、政策に賛同してくれた同志が駆け付けてくれた。必ず勝ちにいく」と述べた。野田氏は「謙虚で、誠実で、国民から信頼を頂戴しながら頑張っていく自民党を見せたい」と呼び掛けた。

総裁選の届け出順は抽選の結果、河野、岸田、高市、野田の4氏の順で確定した。(共同)

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース