交通取り締まりへ出発、秋の全国運動スタート 茨城県警 

秋の全国交通安全運動が始まり、取り締まりに出発する白バイ隊員たち=水戸市笠原町の県警本部前
秋の全国交通安全運動が始まり、取り締まりに出発する白バイ隊員たち=水戸市笠原町の県警本部前
秋の全国交通安全運動が21日、始まった。茨城県警は水戸市笠原町の県警本部前で出発式を開き、交通機動隊員らが白バイに乗り込み、交通指導や取り締まりに向かった。運動期間は30日まで。

岡田宗久交通部長は、9月以降は日没が早まることから視界が悪くなり、事故が増える傾向があるとして「夕暮れから夜間に特化した形で、県民の命を守る積極、果敢な取り組みを進めてほしい」と訓示した。

県警によると、昨年の交通量は新型コロナウイルスによる巣ごもり生活の影響で大きく減ったものの、今年は例年の状況まで戻っているという。岡田部長は「歩行者には反射材の着用と明るい服装での外出、運転者には早めのライト点灯や歩行者最優先の走行などを呼び掛け、事故防止に当たりたい」と話した。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース