【速報】新型コロナ 茨城県、独自対策指針を「ステージ3」に引き下げ 10月中にワクチン2回目8割完了目指す

会見する大井川知事=県庁
会見する大井川知事=県庁
茨城県の大井川和彦知事は22日午前、定例会見し、県独自の新型コロナウイルス対策指針「茨城版コロナNext」について、県全体の指標を現在の「ステージ4」(感染爆発・医療崩壊のリスクが高い状況)から「ステージ3」(感染が拡大している状況)に同日付で引き下げたと発表した。

また、10月末までに12歳以上の県民の8割にワクチンの2回目接種を完了することを目標に掲げ、市町村と連携しながら対応していく考えを明らかにした。

大井川知事は、ステージ引き下げの要因に週平均の感染者数や病床稼働数の低下などを挙げ、「県民の感染対策への協力とワクチン接種が進んだことが大きい」と分析した。国の緊急事態宣言が30日まで発令されていることから、飲食店の営業時間短縮や不要不急の外出の自粛、学校への分散登校など県民に引き続き協力を求めた。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース