低速電動バス 茨城・石岡2地区で運行実験 11月中旬から

石岡市役所=同市石岡1丁目
石岡市役所=同市石岡1丁目
■高齢者の外出支援
国土交通省が、低速の電動車両をエコでコンパクトな地域の移動手段として普及させることを目指して取り組んでいる「グリーンスローモビリティ(グリスロ)活用検討に向けた実証調査支援事業」で、茨城県石岡市が本年度の「実証調査地域」の一つに選ばれた。高齢者などの外出機会を増やすため市内2地区でバス型の電動車両の運行実験を実施する。運行期間は11月中旬から3週間程度になる見込みだ。

グリスロは、時速20キロ未満で公道を走行する電動車を活用した移動サービスもしくは、その車両をいう。国交省は本年度の実証調査地域に6都県の7市区(茨城県は石岡市、取手市)を選定し、10日に発表した。

石岡市の事業は「南台地区とばらき台地区をつなぐ地区間生活道路を活用したグリーンモビリティ実証調査」で、集合住宅地の南台(約1770世帯)とばらき台(約610世帯)の2地区で展開する。それぞれ約5・2キロ、50分のコースを設け、国交省から貸与を受ける10人乗りの電動車両を移動手段として使う。

市によると、バス停を設け、定時運行する形を想定し、利用は無料とする。「詳細は国と詰めている段階で、決まれば市報で告知するほか、運行区域の住民には個別にチラシを配布して周知する」(都市計画課)としている。

事業の目的としては、運転免許証がなかったり、足がおぼつかなかったりする移動制約者に対し、買い物などの外出機会をつくり出すこと。また市の公共交通網形成計画で基幹路線と定めるBRT(バス専用道路)の利用向上など、地域公共交通の活性化を図ることを掲げている。

市がこうした次世代型の公共交通手段の実証運行に取り組むのは初めて。同課は「結果をよく分析し、他の地区での実証運行や本格導入に向けた足掛かりにしたい」としている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース