【速報】新型コロナ 茨城県、23店舗に休業・時短命令 要請応じず店名公表

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
新型コロナウイルス感染症患者の急増に伴い国が発令している緊急事態宣言に関連し、営業時間短縮などの要請に応じていないとして、茨城県は24日、県内12市の飲食店など計23店舗に、新型コロナ特別措置法に基づく休業や営業時間短縮命令を出した。同時に、店名を県のホームページに公表した。

命令は22日付で、期間は30日まで。従わなかった店舗には、過料の行政罰を検討する。

23店舗は、酒類を提供する居酒屋やスナック、キャバクラのほか、カラオケ店、焼き肉店などで、地域別では土浦、石岡、ひたちなか市が各4店舗、水戸市が3店舗、古河市、結城市、取手市、牛久市、鹿嶋市、守谷市、つくばみらい市、小美玉市が各1店舗。

茨城県への緊急事態宣言発令期間(8月20日〜9月30日)中、酒類やカラオケ設備を提供する店舗には休業を命じたほか、いずれの提供がない場合でも午前5時から午後8時までの営業時間短縮に従うよう命じた。従わない場合、県は「(期間の)30日までの営業状況を確認した上で、国の方針に沿って30万円以下の過料を求める判断を裁判所に申請する」とした。

命令に応じた店舗については順次、ホームページ上から店名を削除していく。

茨城県のホームページ
https://www.pref.ibaraki.jp/bousaikiki/bousaikiki/kiki/kinkyuujitaisochi/shisetunoshiyouteishi-kyuugyou.html

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース