茨城・土浦市、JR水戸と連携協定 移住者増へまちおこし

包括連携協定で調印する小川一路水戸支社長(右)と安藤真理子市長=土浦市役所
包括連携協定で調印する小川一路水戸支社長(右)と安藤真理子市長=土浦市役所
茨城県土浦市とJR東日本水戸支社は9月29日、移住・定住者増加など地方都市が直面する課題について鉄道を主とする交通基盤を生かして解決しようと、包括連携協定を結んだ。当面の取り組みとして、駅構内での土浦ブランド認定品販売や、サイクリングを活用したまちおこしイベントを柱に活動を展開していく。

両者は、全国土浦花火競技大会での臨時列車運行などで連携。観光面でも、自転車道「つくば霞ケ浦りんりんロード」の拠点施設やサイクリスト向けホテルがJR土浦駅ビルにできたのを機に、JRグループとサイクリングイベントを開くなど、さまざまな誘客促進を展開した。

主な協定内容は、首都圏からの移住・定住者増への連携▽駅を拠点としたサイクリングによる地域活性化▽ふるさと納税での返礼品開発▽シェアオフィス事業の市有施設での展開▽土浦特産品の特急列車や高速バスでの首都圏輸送-など。

市役所で行われた協定締結式で、安藤真理子市長は「幅広い分野での連携は心強い。活力ある地域社会づくりにつながると期待したい」と強調。JR水戸支社の小川一路支社長は「土浦の持つ資源を一緒に発信し、魅力アップに貢献して盛り上げていければ」と抱負を語った。


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース