同僚教員の財布盗んだ疑い、筑西市教委職員の女逮捕 茨城県警 「嫌がらせのためやった」

筑西市教育委員会の職員の逮捕をめぐり、臨時会見で頭を下げ謝罪する小室高志教育長(右)ら=同市役所
筑西市教育委員会の職員の逮捕をめぐり、臨時会見で頭を下げ謝罪する小室高志教育長(右)ら=同市役所
同僚の財布を盗んだとして、茨城県警筑西署は6日、窃盗の疑いで、同県筑西市、同市教委会計年度任用職員、女(23)を逮捕した。同署によると、「嫌がらせのために財布を盗んだ」と容疑を認めている。

逮捕容疑は9月3日午前7時40分から同日午後6時ごろの間に、勤務先の筑西市内の市立小学校で、現金1万5千円やクレジットカードなど7点が入った同僚の女性教員(40)の財布(約1万円相当)を盗んだ疑い。

市教委によると、女は、いじめなどの対応に当たる「学校問題解決支援員」として9月1日から勤務していた。同14日、校長室で不審な行動を取っているのを教務主任が目撃。複数の教職員が財布などを紛失していたため校長が同署に相談し、同28日に被害を届けていた。女は同15日以降、出勤していなかったという。

小室高志教育長はこの日、臨時記者会見を開き「児童はもとより、市民の皆さまに不安とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません」と謝罪した。


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース