茨城県、再び最下位 都道府県魅力度ランキング

都道府県魅力度ランキングの主な結果
都道府県魅力度ランキングの主な結果
民間調査会社のブランド総合研究所(東京)による「地域ブランド調査2021」が9日発表され、都道府県魅力度ランキングで茨城県は2年ぶりに最下位の47位となった。昨年は過去最高の42位となり、7年連続の最下位から順位を上げたが、再び転落した。

調査は千の市区町村と47都道府県を対象に7月、インターネットで各地域に対する認知度、魅力度など全89項目を質問。20~70代の男女3万5489人から有効回答を得た。

調査結果によると、茨城県の魅力度は11.6点で、前年と比べ1.4ポイント下げた。

魅力度向上を巡り、県は2018年度に営業戦略部を新設し、観光や農産物などの魅力発信を強化。県議会も昨年度、魅力向上特別委員会を設置するなどして茨城県の魅力の掘り起こしなどを進めていた。

都道府県別の魅力度1位は13年連続で北海道が維持。次いで京都府、沖縄県、東京都と続き、上位4都道府県は昨年と同じ顔触れ。前回最下位だった栃木県は41位に順位を上げた。

市町村別魅力度ランキングは、1位が札幌市、2位が北海道函館市、3位が京都市。上位25位までに茨城県の市町村は入らなかった。

同研究所は「ほとんどの都道府県が点数を伸ばした。評価が上がったにもかかわらず相対的に順位が下がった都道府県も多い。順位が下がったからといって評価が下がったとは限らない」とした。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース