茨城でGo To イート22日再開 食事券1冊1万円、特典2500円分

Go To Eatキャンペーンの再開を伝えるホームページ
Go To Eatキャンペーンの再開を伝えるホームページ
■利用、12月15日まで
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける飲食店への支援策「Go Toイート」について、「Go To Eatキャンペーン茨城事務局」(JTB水戸支店運営)は19日、昨年12月から停止していたプレミアム付き食事券の新規販売を、22日午後2時から再開すると発表した。国の緊急事態宣言などが解除となり、感染状況も落ち着いていると判断した。未定となっていた利用期限は12月15日までとした。

食事券は1冊1万円で、2500円のプレミアムが付き1万2500円分利用できる。千円券12枚と500円券1枚でおつりは出ない。購入の上限は1回2冊までで、全国のセブン-イレブンで取り扱う。

今回販売するのは、発行総数60万冊のうち、すでに販売された分を除く約41万冊、約51億2500万円分(プレミアム含む)。期間は11月15日までだが、完売した時点で終了となる。

食事券が使える県内の加盟店は約4千店。新たな加盟店登録の申請は11月15日までオンラインで受け付ける。申請から利用開始までは10日ほど必要となる。

食事券は茨城県では、昨年10月末に先行予約抽選で販売。11月6日から一般販売を開始したが新型コロナ感染拡大を受け、12月1日から新規販売を停止していた。利用期限は当初3月31日までだったがその後延長され、未定となっていた。

同事務局は「感染対策に気を付けながら使ってもらいたい」としている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース