「下心あった」 一般女性に私的電話やメール 巡査部長を戒告 茨城県警 同僚にセクハラも

茨城県警本部=水戸市笠原町
茨城県警本部=水戸市笠原町
業務で知り得た一般女性の連絡先に個人的な電話やメールをしたとして、茨城県警監察室は22日、警察署の男性巡査部長(46)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。同日付。巡査部長は「仲良くなりたかった、下心があった。申し訳ない」と話しているという。同僚に対するセクハラ行為もあった。
 監察室によると、巡査部長は5月、業務で知り得た一般女性の携帯電話に、「お話ししたい」などの個人的な内容の電話とショートメールを1回ずつした。さらに、2019年10月から今年3月までの間、県警の女性職員計8人に性的な発言や手をつなぐなどの不適切な行為もしていた。
 監督が不十分だったとして、県警は巡査部長が勤務する警察署の署長と副署長など上司3人を警務部長注意とした。

青柳信明首席監察官は「誠に遺憾。職員に対する指導教養と業務管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース