大子特別支援学校

記事を書く体験を楽しむ生徒たち=大子町の県立大子特別支援学校
記事を書く体験を楽しむ生徒たち=大子町の県立大子特別支援学校
茨城新聞の出前授業が10月25日、大子町の県立大子特別支援学校(蛭田清子校長)であり、中学部の1~3年生11人が、新聞の「秘密」を学んだ。

本田蕾夢(らいむ)さんは「車の写真を切り取ってスクラップしたのが楽しかった」、先生にインタビューして記事を書く体験をした廣木健斗さんは「面白かった。新聞は見出しの大きさで、読みやすくしていることが分かった」と話していた。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース