常磐線最後の行商台撤去 〝歴史の証人〟鉄道博物館に 茨城・土浦駅

JR常磐線土浦駅のホームに設置されていた「行商台」。16日撤去された=土浦駅(鉄道博物館提供)
JR常磐線土浦駅のホームに設置されていた「行商台」。16日撤去された=土浦駅(鉄道博物館提供)
国鉄常磐線(当時)に登場した行商人専用列車=1950年10月1日、国鉄水戸駅
国鉄常磐線(当時)に登場した行商人専用列車=1950年10月1日、国鉄水戸駅
■元従事者「時代の流れ」

茨城県産の農水産物を首都圏で販売する行商人が鉄道駅で荷物置き台として使った「行商台」が今月16日、土浦駅(土浦市)のホームからひっそりと撤去された。JR常磐線の各駅から大きな荷物を背負って大勢乗り降りする行商の姿が見られたのは、1950~70年代がピークで、2000年すぎまでほそぼそと続いた。撤去されたのは常磐線で最後の行商台で、〝歴史の証人〟は鉄道博物館(さいたま市)に収蔵された。かつて行商をした関係者からは「寂しいが時代の流れ」と懐かしむ声が聞かれた。

■「貴重な資料」

行商台は長さ2.4メートル、幅0.9メートル、高さ1メートル。大荷物を背負った行商人が荷物を下ろさずに休めるよう台の部分が高くなっている。行商関係者でつくる出荷組合が各駅に設置していた。

近年は駅利用者が荷物置きなどに使う姿が見られたものの、駅の改装やバリアフリー化に伴い徐々に撤去が進んだ。同博物館によると、常磐線の日暮里(東京)-岩沼駅(宮城県岩沼市)間では、土浦駅が残る最後の一つだった。

JRは、行商台に「16日で撤去する」と告知を掲示していた。撤去後の台は同博物館に寄贈した。

同博物館の奥原哲志(さとし)学芸員は「昭和20~30年代の歴史を物語る貴重な資料として引き取りを申し出た」と説明する。常磐線以外にも成田線や京成線などにも存在していたといい、駅によって形も大きさもばらばらだった。

土浦駅の行商台について奥原さんは「現存しているものは他にほとんどなく、よく残っていたなと感動した」と振り返り、「一部補修して将来的に展示を検討したい」と話した。

■専用の車両も

列車を使った行商の歴史は長く、戦前からあった。主に農水産物の産地である茨城、千葉両県から首都圏に向け、商品を仕入れた業者が数百人規模で販売に歩いた。人数が多い常磐線沿線では「常磐出荷組合」をつくり、最後尾3~4両の専用車両「行商専用列車」に乗り込んだ。車内では業者が各自の取扱商品を互いに売買して品ぞろえを広げ、都内各地に散って販売した。1人が担ぐ荷物は重さ60キロにもなったという。

行商は農村の女性たちのほか、専門の業者が携わった。

土浦市内で実家が農水産物卸を手掛けたという男性(73)は「農産物を行商の人たちに卸していた。農家にとっても現金収入を得られる大事な客だった」と語り、行商が地域経済を支える一役を担っていたと指摘する。

■30年以上従事

かすみがうら市の女性(62)は、母親が2011年まで行商に従事した。小学校の夏休みには一緒に上京し、活気のある行商と母親の仕事ぶりを間近に見た。平日は毎日、神立駅(土浦市)から始発列車に乗り、車内で商品を仕入れ後、東京の渋谷駅近くで販売した。早朝から商品を売り切る昼前まで仕事し、午後2時ごろに上野発の列車で帰路に就いた。商品はコメや餅、野菜、干物など多品種にわたった。

母親は2年半前に86歳で亡くなった。女性は「生活のため夢中だった。一生懸命頑張って働いてくれたことに感謝している」と思い出を語った。行商台の撤去については「寂しいけど時代の流れかな」とつぶやいた。

行商に30年以上従事したという80代男性は「皆亡くなってしまい、行商の経験者は数少なくなり、寂しくなった」と時代の変遷を肌身に感じていた。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース