茨城・常陸太田市 「おくやみ窓口」開設 手続きの負担軽減

常陸太田市役所=同市金井町
常陸太田市役所=同市金井町
茨城県常陸太田市は12月から、死亡届出後に市役所で必要になる手続きを1カ所の窓口で行える「おくやみ窓口」を開設した。事前予約制で、複数の課にまたがる手続きを1カ所で済ませられるようにし、遺族の負担軽減につなげる。電話予約が必要。

おくやみ窓口は、同市金井町の本庁舎1階ロビーの市民課脇にコーナーを設けた。対象は死亡時に同市に住民登録があった人の遺族。手続きのために来庁した人が、窓口にとどまり、各係員がリレー方式で順次対応していく。受付時間は午前9時、同10時半、午後1時半、同3時の1日4組まで。希望日の5日前(土日・祝日・年末年始を除く)までに電話で予約する。市予約専用窓口(電)0294(72)3111(内線190)。

同市の年間死亡者数は約800人で、届け出が本庁にあるのが約750人、各支所が約50人となっている。国保年金課や高齢福祉課、税務課など関係する課は最大12課になる。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース