【速報】新型コロナ、茨城・稲敷の高齢者福祉施設でクラスタ―か B1ロボッツ2選手も感染

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市が7日に公表した新型コロナウイルス新規感染者計58人のうち、5人は同県稲敷市内の高齢者福祉施設の入所者らで、県は新たなクラスター(感染者集団)が発生した可能性があるとみている。

県によると、感染者は80~90代の女性入所者4人と50代の女性職員1人。管轄保健所が感染経路の調査や濃厚接触者のPCR検査などを進めている。

また、バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)茨城ロボッツは7日、選手2人の新型コロナ感染を発表した。2、3両日に対戦したA東京の選手1人の陽性判定を受け、5日に実施した抗原検査ではともに陰性だったが、6日のPCR検査で陽性と判明した。

つくば市は7日、公立保育所の職員2人の感染を発表した。ともに6日に感染が確認された同保育所職員の濃厚接触者。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース