観光関係者20人 ボイトレに挑戦 茨城・常陸太田

話すためのボイストレーニングを紹介する石森礼子さん=常陸太田市中城町
話すためのボイストレーニングを紹介する石森礼子さん=常陸太田市中城町
茨城県常陸太田市観光物産協会の「おもてなし・接遇研修会」が13日、同市中城町の市商工会館で開かれた。フリーアナウンサーで「いばらき観光マイスターS級」の石森礼子さんが講師を務め、「声で心を掴(つか)む!」と題して声を出すポイントや家でもできるボイストレーニングなどを伝えた。

観光や飲食、温泉施設の関係者など約20人が参加。石森さんは多くの人の声の悩みを紹介しながら、マスク越しでも通る声をテーマに、声を出す四つのポイントとして「呼吸」「発声」「共鳴」「滑舌」を解説。参加者に、各ポイントを鍛えるボイストレーニングに挑戦してもらった。

「呼吸」では腹式呼吸で、実際に参加者が声を出しながら腹から息を吐くことや、息のコントロール、息の瞬発力などを指導した。また、石森さんは「マスクをしていると普段より表情筋を動かさなくなる」として「滑舌」にもつながる表情筋をほぐすトレーニングも行った。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース