スーパーのカスミ 茨城・つくばに新業態、28日開店 ウエルシアと売り場展開

「BLANDEつくば並木店」のイメージ(カスミ提供)
「BLANDEつくば並木店」のイメージ(カスミ提供)
食品スーパーのカスミ(茨城県つくば市、山本慎一郎社長)は21日、つくば市並木に新業態店「BLANDE(ブランデ)」の1号店を28日開店すると発表した。ドラッグストア大手のウエルシア薬局と協業し、「食と健康美」を主題に医薬品や化粧品、日用品を豊富にそろえた売り場を展開する。

カスミによると、ブランデはデンマーク語で「混ざり合う」の意。1号店は売り場面積2353平方メートル。ウエルシア薬局と協業した売り場を導入し、近く調剤薬局も開局する。医薬品を除き、買い物は食料品と一緒に決済できる。

食品ではカスミのオリジナル商品「MiiL KASUMI」を用意。同商品は三つのカテゴリーに分かれ、地元ならではの商品「marche」や、こだわりの商品「premium」などがある。

デリカ(総菜)はアジアンやエスニックといったさまざまな国の代表的なメニューを提供する。つくば市内のイタリア料理店が監修・指導する店内焼き上げのピザもある。

スマートフォン決済「Scan&Go Ignica」のアプリを利用した会員制プログラムを導入。有料会員は、カスミの管理栄養士による健康相談といったサービスを受けられる。

カスミは2月中に同市研究学園に2号店を開く予定。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース